KIYEV NO SORA

こだまさんのライブに行ったら、トランペットをあまり吹かずに、しゃべってばっかり。

「お金を払って観に来ているのにがっかり。」

という意見もあるようですが、ぼくは好きですよ。
そんなおしゃべりなこだま和文さんの存在感。

時々吹くのがいいんです。
ほとんど自分でうたわないのに盛り上げる歌手というのが、いるでしょう。

みんなの頭のなかでうたっているので、十分なのです。
脳の中に響くトランペット。

OKABARの名刺を渡したので、いつか来ないかなと思う。



毎週思います。

e0137489_2225142.jpg


こだまさん本。
本人の直筆サイン入りで、OKABARにて販売中です。
[PR]
by okabar | 2012-02-08 22:16 | よくぼう
<< 今週もSpycyであまくち豆乳... 福島の詩人たち①の2 若松... >>