新感覚朗読ロードムービー『反歌・急行東歌(あずまうた)篇』完成。

※現在、DVDのパッケージ化を検討中、作業中です。
出演者の方々への発送はそれからになりますので、
しばしお待ちくださいまし。
その他の方々にも、安価にてご購入していただけるようにと考えております。
2012年9月3日追記




いや~、長かったです。おつかれさまでした。
随時上映会情報などお知らせしてゆきます。
お世話になった方々にお礼参りしてゆきます。


e0137489_914395.jpg


反歌・急行東歌篇

2012/日本/105分  監督 :竹村正人  素材:DV  画面:4:3 
出演:藤井貞和/神山睦美/森川雅美/佐藤雄一/田口空一郎/高橋悠治/松棠らら/若松丈太郎/内池和子 ほか

制作:FCC

朗読とは何か。映画はこの問いから始まった。だが現実がこの映画を純粋な朗読映画に終わらせることを許さなかった。ドキュメンタリーとは常に状況と出会い葛藤することだ。詩が本来そうであるように。藤井貞和の連歌による詩集『東歌篇』が出た時、彼の読者はきっと頷き、驚いたろう。湾岸戦争に際して詩を書き続け「なにがイッツウォーだ。ファックユーである。」と叫んだ人の、これは不変に変成を続ける鉱石である。だが、歌人とちがってしじんはいろめき立つことができませんと書いたのもまた藤井さんではなかったか。果たして彼の詩作は実験の中にあって今も自由詩でありつづけているか。それともうっかり歌の方へと転んでしまったか。本作はその結論を出すために撮られたのではない。しかし朗読が幻の列車「急行東歌」に乗って走り出す時、「異なる声」たちは問いに光を当てはじめるだろう。




制作に当たって東京、福島で多くの方々の協力を得ました。記して感謝致します。







藤井貞和『東歌篇 ――異なる声 独吟千句』(2011、反抗社出版)
e0137489_16272661.jpg




藤井貞和さんの連載「読み進める昨日」(第3回)
[PR]
by okabar | 2012-08-29 08:37
<< 8月31日に東へ行く なんとかBAR 残暑御見舞い、いただきまして御... >>