「OKABARと共にゆく放射能測定」の報告 その① 2013年3月2日調査

みなさま

先日3/2(土)の測定所ツアーに多数のご参加を頂き、まことにありがとうございます。
当日はOKABAR店員やお客さんに加え、ツイッターで呼びかけた結果、来てくれた方もいらっしゃいました。
見知らぬ人たちと、未知の世界に行くのはドキドキです。

ツアー参加の理由はさまざま。
参加者で、かつOKABARのお客さんのなかには、関東地方にいて揺れを強く感じたかたもおられました。

私自身あまり写真が取れなかったので、写真少なめですが、検査の結果を発表したいと思います。

京都・市民放射能測定所さんの新しい測定室。
四条烏丸にできていました。


e0137489_1810121.png


丹波橋の測定所は、大阪や奈良からのアクセスはよろしいのですが、四条烏丸だと、地下鉄沿線ですので、市内のさまざまなアクセスに対応しますね。便利。

今回の検体は、3つ。

ひとつはスペシャルゲストの荒木晋太郎さんのセレクトで

・かつおぶし

を。

残りの二つは、OKABARの商品から選びました。

・豆乳
・ポテトチップス

です。

①豆乳
OKABARの豆乳チャイはソフトドリンクのメイン商品です。
ここはチャイ屋さん?と思うほど注文が入ることもあり、オペレーションの問題もあって値上げさせていただいたのですが、値上げしてから、作り方を真剣にやろうと思って、丁寧に作っています(お)。

このチャイに使っている豆乳は、メインは外国産大豆使用のスジャータ「有機豆乳」
こちらは、よくスーパーなどで見かけます。
メーカーHPによると、有機大豆はアメリカとカナダの有機大豆をブレンドしています。

もしくはマルサン「有機豆乳 無調整」
コチラは、中国とアメリカの大豆をブレンドしているようです。

私としては、国産大豆を使った癖がなくさらっとした豆乳、がチャイにはあうのではと思ったのですが、有機豆乳の商品は原料の大豆の産地が外国産であることがほとんどです。
国内の産業を応援するという意味でも国産を買います、OKABAR。
おそらく慣行栽培なのですが、国産大豆を使用した品で、長らく使いたいなと思っていた
コープ「国産大豆の豆乳(無調整)」
を調べようと思いました。

検査前に生協に問い合わせました。

日本生活協同組合連合会 組合員サービスセンター

TEL 0120-999-345

実はマルサンアイが生協に委託されて作っているOEMのようです。

大豆は、富山県産と熊本県産のブレンドで、ブレンド比率は不明。
工場は、出荷地域によって、違いますが、今回検査分(2013年2月27日に京都のコープにしがもで購入)に関しては、本社工場の愛知県岡崎市でした。豆乳の原料水は愛知県の水ということですね。

ここで、少し問題が。
豆乳のような水分が主体のものは、薄まっていることが多く、市民放射能測定所さんが使用しているヨウ化ナトリウムシンチレーターだと、正確な測定が難し目だそうです。
検出限界値の問題で、シンチレーターだと、小さな値は見逃してしまうことが多いそうです。


前回のエビスビール検査の時は、体当たりで測ったため、そのような情報はなかったのですが、まさに今回は水分に関して、そういう情報が入ったので、気になってしまいます。
中には煮詰めて測っている実例もあるのだとか?情報求めます。

しかししかし、時間を長めにとって見たら、より正確な測定ができるので、本来30分の測定のところを長めにとってもらうことになりました。まず30分でようすを見て、それから時間をとって測った結果も教えてくれることになりました。
たとえ30分でも、怪しそうなのは検査の回数をこなすと、なんとなく感覚でわかってくるそうです。

以上の心配は、スペシャルゲストの町田百瑛さんが、かつて長野の市民放射能測定所で、検査のボランティアをされていた経験を生かし、フォローしてくれました。ありがとうございます。

さて、検査。

前回のようにマリネリ容器につめて

e0137489_184387.jpg


このような場所で、測定されています。

さて、結果は

e0137489_1658456.jpg


こうなりました。
見えづらいですよね。

まず
【30分】(公式)では
Cs(セシウム)-137、Cs-134ともに「不検出」。
検出限界値
Cs-137が3.01Bq/kg
Cs-134が2.88Bq/kg

さらに非公式ながら、時間を少し長めにとった検査では
【90分】
【120分】ともに
「不検出」とでました!

検出限界値は【120分】の場合

Cs-137が1.56Bq/kg
Cs-134が1.49Bq/kg

結論から言うと、豆乳チャイや、その他豆乳使用ドリンク(カルーア豆乳や豆乳単品)は「コープ「国産大豆の豆乳(無調整)」を使用することにします

もしかしたら、九州産の大豆を使用している豆乳が近くで手に入るのかもしれませんが、ひとまず見当たらないので、仕入れが無理なくできて、なおかつおいしくて安全であるものを考えた結果、そして今回の測定を通してこのように判断しました。

さて、長くなったので、ポテトチップスとかつおぶしの測定は次回アップします。
おそらく3/15(金)にアップされると思います。

それにしても、測定ツアーの報告が3/11にアップされるということは、因縁めいたものを感じます。あれから2年、福島から遠くはなれた京都では、いろいろな記憶がなくなりつつあります。
2年前に被災した方々、お亡くなりになった方々そして、いまだ苦しんでいる方々、それからこれから生まれてくるいのちに対して、店長はこころを遣りました。

※今回の検査はOKABARが独自に京都・市民放射能測定所さんに依頼して独自に行っています。
検査のことで質問がある方は
okabar@excite.co.jp
もしくはカウンターまで。
検査の結果は店頭でお見せしています。
[PR]
by okabar | 2013-03-11 17:16 | こうがい
<< 明日はショコラショー・リベンジ 明日になってしまった市民放射能... >>