「ほっ」と。キャンペーン

7月11日は常陸野ネストを特集する 東日本のお酒についても少し

てんちょうです。

店員Oの希望により次回オカバーは、茨城の清酒蔵が作っている、
常陸野ネストビール」を特集してしまう!


e0137489_17112068.gif


東日本のお酒を扱うにあたって、いろいろ考えることはあります。
よいお酒なのに、内部被曝のことが気になったあまり、入荷できないことに残念な気持ちです。

OKABARは商品の放射能測定を自主的に行っています(これとかこれ)が、だからといって全てOKフード、OKドリンクというわけでありません。
てんちょうの限界もあります。店員それぞれにも思いはあったりなかったりで、そんなに話しあっていないのが現状です。安全の基準は、極端に言えば、人それぞれです。

木内酒造さんは、製品放射能の測定をされていますし、(最新のデータが上がっていないのが気がかりですが)ビールは原料が水で、かつ麦芽やホップの原料は輸入品が多いので、ほぼ安全であると思います。

事故から2年以上たち、内部被曝については今さら、、、という声があるかもしれませんが、それでも心のどこかにひっかかったまま生きています。
OKABARで常陸野ネストビールを飲むかどうかは、あなた次第。飲むにせよ飲まないにせよ、静かな対話を通じて、なにか模索したいと思っています。
でも、とってもおいしいですよ。ほんとに。

木内酒造の梅酒もあります。こちらはビールを蒸留したものに梅を漬け込んでいます。
さっぱりしていて、ほのかにホップの香りもする、夏にぴったりですね。
[PR]
by okabar | 2013-07-08 17:12 | おしらせ
<< まだ間に合う!オカバラジオへの... よいニュースは小さな声で語られ... >>