酔いどれ詩人は夢見る踊り子 第二期OKABARADIO 7

最近ラジオのことばっかり書いていて、ラジオステーションなのかBARなのかよくわからないと思う方もいるのでしょうね。

思えば、6年とちょっと前にOKABARという場所がスタートしたときから、いろいろと妄想が膨らんでいました。
うどん工場をやるとか、フェスをやるとか、展示をやるとか、フリペをつくるとか。

それが少しずつ妄想どおりと違いますが、カタチになっています。
ラジオもそのひとつです。
OKABARから発信されることは、酒も涙もネコも杓子もOKABARがついてまわります。
「ココは店なのか?」と問われることが多々ありますが、その判断はそれぞれでどうぞ。
OKABARがみなにとって役立てばどんなカタチでも救済。
ラジオもパレスサイドホテルの2階と同様に、世界の片隅の小さな居場所のひとつ。

わたしのtwitterは@okabarです。
よろしく。

さて、ラジオです。



今回は新しい試みとして、スタジオと店をつなぐ企画で、11月23日にオープンしたお店をはしごしてリポートするという企画をやりました。

★各コーナーへのおたより大募集中です★

☆西日本オススメスポット
西日本(関西以西)の面白い場所を紹介してもらうコーナーです。

☆ポエトリー坊主のポエトリータイム
先日精華大学にて行われた藤井貞和のワークショップをふりかえりつつ、彼の詩を朗読します。

☆マヤルカ古書店リポート

☆homehomeリポート

☆フリースタイルラップ
Wu Tang Clan"C.R.E.A.M"(instrumental)より

OKABARADIOへのおたよりのお送り先は

okabaradio@gmail.com

まで!

久しぶりに小山西花池町からお送りしました。
ネットラジオのいいところは、時間をあまり気にせずに遊べるとこですね。
ひとりの夜のおともに。

曲ですが、リクエストの”石川セリ/手のひらの東京タワー”がすばらしい。
店員Nも絶賛して聴き入っていました。
[PR]
by okabar | 2013-12-09 11:55 | らじお
<< 一杯の珈琲で感じる存在の確かさ... 第二期OKABARADIOの7... >>