「ほっ」と。キャンペーン

生ハムは持ってくるのが大変 小皿は盛り付けるのが大変

みなさま!寒いですね。だんだんと春の訪れとオカバーの閉店が近づいてきました。
毎週祭りのようになっていますが、店主はとくになにもやっていないつもりです。
ひとりじゃ何もできないからです。

さて。
ツイッターや店頭などでは告知していますが今夜2月20日のOKABARは、「ハンガリチバー×ハイミ食堂」です。

ハンガリチバーこと店員Cは最後のカウンターに立つためにはりきりすぎて、生ハムを取り寄せています。
ですが、あまりーに重くて、運搬にはタクシーを使うしかない!
ということで生ハムは「タクシー代カンパ受付制」にしようと思います。
①ついでに言うと、最近のオカバーは氷代カンパも受付中です。
②ついでにいうとラップした人一杯無料です。

e0137489_1040481.jpg

※画像はイメージです。

どうもよくわからないのですが(???)、もしかしたら現地でカットして提供するかもしれません。
いつものように、ハンガリーといいつつ、スペイン産かもしれないし、豚かといいつつ、コウノトリかもしれません。
どちらにせよ、みなさまを楽しませてくれるトークは健在です。


それからハイミ食堂こと裏店員Mは、かつて夜ふかし市でも共演しましたが、村屋という鞠小路通りにある飲み屋さんで木曜日のみのランチをやっておりました。
奇しくも、この春をもって、京都を去る、というのはオカバー店長と同様の境遇。

おつまみ小皿いろいろです。

小豆玄米お結び
豚と蕪と柚子
ポテトサラダ
丸大根とおあげさん
ぬかづけ
焼餅ゴルゴンゾーラ

裏店員Mのつくるおつまみは、とっても食感=触感のように手触りのある味です。

(来週は店員Sのおつまみ。まぁ、待っててね。)

お寒いですが、お待ちしてます。
[PR]
by okabar | 2014-02-20 10:59 | おしらせ
<< 明日22日はラジオ収録だよ OLさいごの出勤の心境のような >>