「ほっ」と。キャンペーン

深きより響く声は遠く 西へ 東へ 第二期OKABARADIO最終回公開収録

オカバー閉店後も、ブログ更新しようと思っていたら、なんか抜け殻のようになってしまって、文がうまく書けない。そして、あまり何も情報が入ってきません。

神戸へ引っ越しのためにどんどん荷物を減らしてはいるんですが、減らしても減らしてもスッキリしない。
まだまだそぎ落とすべきものがあるということでしょうか。それとも減らすこともあきらめたほうがいいのかな。
雨林舎の展示空間にいるときが、こころ安らぐ時間です。
外に出ているときの充足感を、壁に吊るしておきたい。
いろいろ抱えながら生きています。

ところで、京都のこれまでを振り返ろうとしたら、事件が多すぎて振り返りきれませんでした。
ただ一つわかったことは、2004年晩夏から京都にいますが、その間の一本は通っているということ。気づけば道でした。なーんか、毎回何かうっかりいろいろとやってしまってジタバタというパターンです。
「性質なんて変わらないよ」って、甘夏ハウスの人に言われたことを、この身に滲ませています。
大学時代のチラシをご覧ください。

e0137489_2348773.jpg


そのときからかわってねー。

さて、明日23日(日)は第二期OKABARADIOの最終回の収録です。
OKABARのメニュー展を開催中の雨林舎さんでの打ち上げイベントとなります。

そして、何回やっても変わらないテンションでお送りするOKABARADIO。
OKABARという場所はなくなっても、声で伝えてゆきたい。

映画監督の濱口竜介さんが、ワークショップで、「声を集める」という課題をだしていたそうです。
人が発する声には何段階か響き方があって、その人が心から伝えたいと思い発する声は、聞こえ方が違うということ。いい声になるそうです。

紛いなき歴史の事実であるOKABARのメニューに囲まれながら、たどり着けるかわからない深層から響くいい声を探したいと思います。

ひとまず、チューニングだけしっかりして、みなさまのおたよりを読みます。
投稿していただいた方、ありがとうございました。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

3月23日(日)第二期OKABARADIO最終回(12回)公開収録

出演:店長/N/ポエトリーボーズ

ゲスト:キャミソール

場所:雨林舎

時間:19:00開場(雨林舎通常営業はこのとき閉店)
    19:30開始
    21:00ごろ終了

料金:500円(おみやげつき)

その後、雨林舎で交流会、打ち上げ、第二期OKABARADIOおつかれ会(持ち込み歓迎で無礼講!)
※参加の方は一品(お酒、料理など)お持ちください。なんでもけっこう。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by okabar | 2014-03-22 23:56 | おしらせ
<< ししおどしの目覚めはゆっくりと... 余韻に浸る!と、きれいにまとめ... >>