「ほっ」と。キャンペーン

8月31日(日)は淡路島で勝手にラジオ始めてくださいな

どうもー、文章らしいものを書くのは久しぶりです、このおかばあのぶろぐ。
存続の危機にも

京都から、生まれ故郷の神戸に引っ越して3ヶ月あまり...、なんとOKABARの店長は淡路島に引っ越していました。わお、いつのまに。

島の情報室のオオタさんとのイベントはまえまえから決まっていたものの、この時期に淡路にいるとは偶然とは思えません。いや、道は自分で選んだと思っています。みなさんの導きがあってこそですが、選びました。
じいちゃんの生まれ故郷である島で、どんなことができるのかなっと。

さて奇しくも移住第一弾企画となりました、もうご存知かもしれませんが、フライヤーをのっけていなかったので、ここに掲載します。
淡路移住のきっかけとなった、とあるイベントに参加されていたタテイシナオフミさんに作ってもらいました。
オモテ面のドリル部分がアンテナを模したようになっている怪獣は、あの深海怪獣をイメージしております。(ラジオリスナーには説明不要です...よね?)ありがとう。

e0137489_2333410.jpg
e0137489_2305954.jpg



さて、このイベントはワークショップと称して、岡店長が先生に扮して(島の情報室のオオタ女史がアシスタントになって)ラジオのいろはを教えるていになっておりますが、わたくし先生と呼ばれるのはどうも落ちつかないので、みなさんと一緒にラジオを作るということについて考えていきたいと思います。

オカバーのオカバラジオについては、やりたいやりたいと言っている間に当時店員Tによりうっかりはじめてしまって、その後ナリワイにしようと試みたり、第○期と題してパートナーを変えてみたり、ひとりラジオに挑戦したり(スピンオフ企画オッチーのスリープレスビートってのもありましたね)などなどありました。

が、基本は”のんびりだらだら雑談する健全で冗談みたいな番組”。そのはずがなぜか島の情報室さんに注目をいただき、ラジオの手軽さ、どーでもよさ、低コスト、伝わりやすさ、それらが地方でメディアをつくることにつながっていくような方向性で話できないかなーという流れになりました。
地方は確かに娯楽は少ないし、そもそもの情報量がすくない。
年に比べて、音も映像も人間関係も変化がすくないです。
だからこそ、別のベクトルでの複雑さや自由さ、豊かさがあると思うのですが、情報の伝達の仕方を新聞やテレビやインターネットを見るだけに頼っていたら面白くない。そもそもクチコミは地方では都市以上に、協力な手段です。
淡路島とい都市に比較的近い離島に住んでみて、その思いは増しました。

そもそも、OKABARADIOやOKABARは、勝手に始めて、勝手に楽しむ場所をつくるというDIY精神(オコガマシイことばですが)から発信されており、このソウルはそれぞれだれもが持っているはず。
そう、店長は誰かに勝手に始めてほしいのです。待ってます。

今日からあなたもレッツ・スタート・レディオ!

※重要!
今回、OKABARADIO第三期番外編として参加者の前でラジオを録ります。
洲本の商店街に繰り出してインタビューもしてしまう。
もちろんラップTIMEもあるぜ!

すっかり忘れていたのですが、参加できない方、ぜひおたよりください。
メッセージやリクエスト、雑文、モンクなんでもかまいません。

遠方で参加できずくやしーぜ、って方は特によろしくお願いします。



okabaradio@gmail.com

開催まであと少しですが、ぜひ。(ぼーっとしてました。)


【日時】
8月31日(日)13:00〜17:00(終了予定)

【場所】
通っぷらざ2階(兵庫県洲本市本町5-3-3)

【メインパーソナリティ(講師)】
岡聡一さん(OKABARADIO主催)

のんびりだらだら雑談する、健全で冗談みたいな
インターネットラジオ「OKABARADIO」主催。
毎週木曜日にザ・パレスサイドホテルで20:00〜24:00OPENする、
京都の伝説的たまり場スペース「OKABAR」を6年やったあと、
生まれ故郷の神戸にUターン。
これから神戸でおもしろいことをやろうと画策中。

おかばあのぶろぐ

・アシスタント(主催) 太田明日香(島の情報室)

【講座の内容】
1、インターネットラジオってなんだろう   
 いろんなインターネットラジオを聞いたり、  
 その魅力についてレクチャー。  

2、インターネットラジオの作り方  
 使用機材やインターネットラジオにアップする方法など、  
 技術についてレクチャー。  
 ついでに商店街に飛び出して、取材もや収録もやってみよう。  

3、AWAJIラジオを作ってみよう!  
 淡路島にどんなラジオがあったらおもしろいか、  
 みんなで考えてみます。

【定員】  
 15人 (空席あとわずか!)

【参加費】  
 3000円

【交通】
◯関西方面から
 高速バス(洲本バスセンター下車)  
 三ノ宮から 1850円 /舞子から 1550円

◯四国方面から 高速バス(洲本バスセンター下車)  
 徳島駅前から 1650円 /松茂から 1550円
※バス時刻表はbusmo

【問いあわせ】
太田明日香(島の情報室)
TEL:080-4700-5729 /MAIL:shimamedia@gmail.com

【協力】
淡路島アートセンタ—

[PR]
by okabar | 2014-08-28 23:05 | らじお
<< 己自身をさらけ出せ!それぞれの... 第三期OKABARDIO v... >>