あいことばは「High five!」(5月29日)

ジョージア州から来た学生さんたち、それからタイから来た教授たち
e0137489_18545943.jpg

学生らは手を合わせて、元気よく「ハイ・ファイブ!」と言っていました。流行なのでしょうか。
乗り遅れているのでわかりませんが。
むこうのデジカメで撮った写真を送ってくれるらしいので、もしかしたらアップします。

かわりに今日のイラスト。
e0137489_18551548.jpg

ライブ・ペインティングも行われました。
e0137489_18555075.jpg


その後タイランドから来たお客さんが酔っ払って?大変なことになりました。
「ビールが250円になるハッピータイムを設けたらよい」、とか「OKABARオリジナルビールを造れ」、とアドヴァイスをいただきました。参考にさせていただきまする。

アドヴァイスとは逆ですが、6月から常陸野のネストというクラフト・ビールを出してみようと思います。エビスよりちょっと高めですが、お気に入りなので~。限定3本くらい。値段は気分で決めます。

最近お茶よりアルコール比率が高いオカバーでした。
紅茶ファンの方、ごめんなさい。とりあえず、ハーブティーは新しいのが入荷してます。

「感性の戦争」を潜り抜けるため、おかばあはできるだけ毎週いろいろ出そうと思います。
現状で満足しないためにも、試してみてね★われわれの気分次第で試飲もできます。

★今週の詩★
この日は、シェイマスヒーニーの“Requiem for the Croppies"
⇒(Seamus Heaney [Opend Ground :Selected Poems 1966-1996]Farrar, Straus and Giroux社,1999)を読みました。というか、アメリカのジョージア州から来ていた学生に読んでもらいました。あたしは翻訳「クロッピーたちへの鎮魂歌」(シェイマス・ヒーニー『シェイマス・ヒーニー全詩集1966-1991』(村田辰夫ほか訳、国文社、1995)をお返しに読みました。 最後の一行、

八月になれば俺たちの墓から大麦が育つだろう

に打たれました。英語で読むのは難しいですね。
この詩については、もう少しアイルランドの現代史と現代詩を勉強してからコメントしたいと思います。勉強会をする予定ですのでまたお知らせします。
[PR]
by okabar | 2008-05-30 18:56 | ばーのようす
<< ふくしまつり オカバー出張編(... どうにもこうにも(5月22日) >>