静かな欲望(12月11日)

先週のライヴ・ペインティングに感化され、店主もマンガのキャラを描こうとしました。
e0137489_0452687.jpg

が、しょせんはこんなものです。名前の通りです。
絵と違って、この酒はすっきりしてます。
「後味が水のようだ。流れるように。」とは、店員Tの談。
ひやおろしのため、本日で飲みきりました。わっしょい。

この夜はお客さんの数がまばらで、それぞれゆっくり自分達の話をしているのが印象的でした。
e0137489_0481370.jpg

オーストラリアからのお客さんは、わりとビール好きでした。
オーストラリアにはおびただしい数のビールが溢れているそうですよ。ホンマかいな。

ヘルパーたちは、自分の過酷な勤務状況を堰を切ったように話していました。
たくさん休みたい。

音楽好きは、スタジオでの録音について熱く語っていました。
いい機材が欲しい。

e0137489_0524056.jpg

欲望が渦巻く木屋町とは違い、丸太町にある岡バーは、
そんな欲望を俯瞰して眺めているだけでした。静かにしずかに。

ところで報告。このブログを見たよと言って、来てくれた方がいました!
こんなブログでも、読者がいるんだなぁ、と思うと細々と続けていてよかったです。
ばーの雰囲気、店員の雰囲気、お客さんの様子、飲めるお酒などをだらだら紹介してるだけですが、その中でも少しずつ変化があって、書いていておもしろいな、と思います。以上。

☆来週の予告☆
西陣にある、コミュニティスペース「つる紫」がかりんジャムを作りました。
来週から岡バーでも販売するそうです。いぇい。
好評だったら通販も始めようと思います。いえぃ。
e0137489_17226.jpg

ほんとうは今週からジャムを売りたかったのだよ、とばんちゃん。どんまい。
[PR]
by okabar | 2008-12-12 01:09 | ばーのようす
<< 人間嫌いの人体模型(12月17日) 8人の待ち人来ず、だけど人々は... >>