詩人、介助者、革命家、運動家、写真家、音楽家―素人の芸術(2月5日)

この夜もにぎわうオカバーです。
e0137489_0483183.jpg

久しぶりに大瓶を入れてみました、400円でこのサイズ。
圧倒的存在感。
e0137489_0441265.jpg

いつもお世話になっている大宮の酒店、鵜飼商店の娘さん(京都新聞の1面を飾ったこともある)が初めて書いた酒蔵訪問記。バーに置いてます。親子で通ずるヴァイブスがありますね。
圧倒的な文字の量。
e0137489_0531598.jpg

写真がピンボケですが、PEACE MEDIA(ピースメディア)の最新号が届きました。今回は28ページの分厚さ。オカバー店員Tの連載も大好評です。情報誌というより読み物、と誰かが仰ってました。
圧倒的な読み応え。
e0137489_0554574.jpg

このワインの注がれ方を見てください。
昨日仕事で流した涙の量ですよ。悲しいことがあったら、飲み込んでしまえ。
そう願いをこめて提供。がぶ飲みする酒ではありません。おいしいよ。
圧倒的な悲しみ。

あとは、タイトルどおりの夜。
職業欄に書けないこと。

☆今週の新入荷☆
e0137489_10172.jpg

「桜川サイダー」300円
箕面限定のサイダー。と言っても作っているのは、能勢にある「秋鹿」という日本酒を作る酒造会社です。
このラベルの絵は樋口さんという女性が描きました。
たまたま入った樋口酒店(阪急箕面駅ちかく)で出会いました。
ちょっと贅沢なサイダーです。
来週で終了予定。次回入荷は未定。
[PR]
by okabar | 2009-02-06 01:05 | ばーのようす
<< えん蒸す場(2月12日) ポップでキュートなもの(1月29日) >>