<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

to Kyoto, to OKA BAR(3月27日)

いつもは暇な時間帯である、20:00~21:00の時間帯。
一気に10人ほど人が...。
e0137489_1361462.jpg

だんだん集まる人たち。このあと大変なことに。
この日はいつもはめったに出ない、熱燗がなん杯も出ました。
Hot Sake!好きが多いようでした。

詩の朗読も大好評?松本暁「生きいているということについてのうた」を読みました。
そのあと、「酒場の子犬たちのうた」も。
「昨日と同じ酒
 同じ口上で
 宇宙一のさびしがり屋であることに
 乾杯する」
など、パンチライン満載でした。
また来てくれました友人の鈴川さんも、カウンターパンチ。「ふりはじめの雪」
(いずれも1000番出版からでてる『世界のうた/青年よ、空を憎むな』に収録。)

チャイを始めました。出来合いのものですが、なかなか。カーッときますよ。
e0137489_1491231.jpg


名刺できました。
e0137489_1514577.jpg

と思ったら、撮るの忘れちゃった。
これは、友人が主催するユニット丸太町CATSの名刺です。
オカバー名刺は、店に来て直接その勇姿を拝んでくだされ。
もしくはどこかで店員と会ったときお渡ししますよ。
来週は店主イチオシの「地酒蔵のウイスキー」が入荷予定です。
[PR]
by okabar | 2008-03-28 01:53 | ばーのようす

名刺ができそうです(3月20日)

e0137489_23474294.jpg

どれにしようかな~。
バーの片隅で始まった、井戸端会議。
そうです。オカバーの名刺のサンプルが上がってきました。
かわいいでしょう?
りんごが岡。レモンが竹村。

店主も知らない間に、プロジェクトが進行してました。
e0137489_23502749.jpg

思もいがけない出来事にびっくりしました。
ビッグリスペクト。うずちゃん。
ちかぢか完成予定です。街中にばらまくぞ。

おっと、バーの様子を撮るのを忘れていました。
この日は、秋田から「山内杜氏(さんないとじ)」という日本酒が入荷。
労働者が仕事後に飲むような、ちょっと辛口の酒で、熱燗またはぬる燗がオススメ。
いつもの純米酒ではありませんが、好きな人にはたまらんでしょう。

あと、イギリスからアントロポロジスト(文化人類学者)が来てくれました。
地球研の学会に参加するために、ホテルに滞在中とのこと。
店員のばんちゃんのともだちのともだちだそうです。
「いや~、世界は狭いね。」

今週の朗読詩は「楽しみの天才」(藤井わらび)でした。
タイトルが素晴らしいですね。この詩を読むと、自身を愛し、自身のために闘うことを思います。「人間以上」の存在(イルカ)に解放を見せつけられ励まされるばかりです。
その他、「渚」「棘」などが読まれました(いずれも藤井わらび詩集『むらさきの海』より。詳しくはブログ「藤井わらびの詩的生活」を参照)。詩のある風景は素敵ですね。
[PR]
by okabar | 2008-03-21 23:57 | ばーのようす

珈琲も細々とやっています(3月13日)

今日もかなーり賑わいました。
オカバーをはじめた頃は、「一日一人か二人お客さんが来てくれればいいや。」と思っていましたが、現在はたくさん常連さんがいて、びっくりしています。感謝、と同時に戸惑いも。
エニウェイ。
e0137489_1301234.jpg

イタリア製のエスプレッソマシーンで淹れてます。
えらそうに言ってますが、シンプルで旨いよ。
これも200円。ミルクと割って、カフェラテもできます。
最近紅茶に押され気味ですが、オススメ。
春からは普通の珈琲も始まるかも。
e0137489_132393.jpg

おや。ばんちゃんは、なにを真剣な顔で行っているのか。
毎週、スタッフは真剣な顔でイロイロやっていますよ。
やってることは遊びの延長です。これでメシ食えたらいいよねって思います。
e0137489_1342837.jpg

フランスから来てくれました。
しかしながら、現在は金沢県在住。日本語うまかったです。
ワインとビールで優雅なひと時を過ごされました。

今日は詩人の鈴川さん(ブログ「ひかりさすにわ」参照)が来てくれました。
今日からメニューに追加した「詩の朗読」が早速盛り上がりました。
「パンダ来るな」や『紫陽』(藤井わらびのブログ参照)からの詩を読みました。
[PR]
by okabar | 2008-03-14 01:46 | ばーのようす

五人娘と四人男子(3月6日)

千葉は寺田本家の「香取」が売り切れたので、代わりに入荷したのが
e0137489_22531988.jpg

「五人娘」です。(左から二番目)
「香取」は米をほとんど磨かずに作ってるので、色んな雑味が感じられます。
一方、この「五人娘」は精米度合いを上げて、すっきり仕上げ。それでいてコクのあるしっかりと
した味でした。「五人娘」という名の由来も面白いのです。知りたい人は、バーまで来てね。
e0137489_2374355.jpg

このかたは、イスラエル出身で、熱燗をオーダーしていました。
結局彼がぬる燗をつくり、提供。
e0137489_2385075.jpg

あ、オカバーの四人目の男です。日本酒マスター。
四人の男の登場で、オカバーカウンターは、堀川下立売東入るにある「キッチンゴン」状態に。
オカバーの看板店長。つかの間の休憩中にウィスキーと紅茶で新メニュー開発中★
e0137489_2316665.jpg


この日はテレビの取材がありました。
大阪の一部の地域で放送されるそうです★

ところで今日来てくれた方と詩の話をした。
藤井貞和という詩人が『パンダ来るな』という朗読CDを出しているのだが、その感想を得た。
鉄格子の枠から差す光のようだという。なるほど。イメージで捉える詩の楽しみ方もあるのか。
[PR]
by okabar | 2008-03-07 23:17