「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

スカートをはいてビールを飲もう(9月18日)

岡バーの店員を中心に、9月19日(金)にスカート・デモが企画され、この日のバーはその話題で持ちきりだったそうです。
e0137489_16362018.jpg

店長もしょぼ絵を描きました。
デモ当日は大盛り上がりだったそうですよ。こんな絵なんて目じゃないくらいに。
e0137489_16392143.jpg

また、この日の大瓶はサッポロラガー!
これ、最近コンビニなどで缶ビールで復刻販売されてますが、美味さでは断然瓶です。
缶缶で飲むと、いやな苦さが強調されてしまう気が。
瓶ですと、かるーい口当たりでどんどんいける感じです。
普通の居酒屋でこの瓶が出てくると評価が高いですね。

おっとこの日は店の様子を撮り忘れました。
来る客来る客が、みんなスカートをはいていただなんて、皆さんの想像力にお任せです。

★今日の朗読詩★
オオヤナギ「玉ネギやろう」を読みました。
本人の許可が出たら詩をアップします。
[PR]
by okabar | 2008-09-23 16:41 | ばーのようす

瓶ビールの旨さは飲んでみてわかる(9月11日)

e0137489_14453914.jpg

えびすビールの大瓶を始めました。
400円です。
e0137489_14454887.jpg

別に一人で飲んでも大丈夫。
量も多いしお得だね。
このあと彼は大瓶を使って楽器の練習をしました。
すると、フルートがじょうずになりました。
缶より敬遠されがちな瓶ですが、旨さは断然瓶ですね。

e0137489_1446339.jpg

『Peace Media』の編集人の島原さんが遊びに来ました。(写真右)
店員の竹村正人が連載しています。
こんなおもしろくて、無料の冊子はなかなかないぞ。
どうやらいつのまにか、OKABARも設置ポイントのようですので、どうぞお立ち寄りの際にはお持ち帰りください。

☆今週の店員☆
e0137489_1451323.jpg

京都は船岡山のふもとに住む活動家?ストーリーテリングの達人。定食屋たかはしの主人。

★今週の朗読詩★
森実恵さんの『心を乗っ取られて』(潮文社、2002)より、「暗号」と「賢くもなく、優しくもなく、美しくもない」の二篇を読みました。

※いよいよ明日はオカバー(素人の乱京都)2号店の開店日です!
[PR]
by okabar | 2008-09-13 14:56 | ばーのようす

岡バーの取材その②、それとは関係なくちゃくちゃくと進行する日常  (9月4日)

e0137489_1416327.jpg

とりあえず、岡バーにまた取材が来たようです。

『Meets Regional』という京阪神のオモロイ店や遊び場所を紹介する雑誌の11月号にのっかるみたいです。
写真左手奥には取材を受ける店長の姿が。

あと、2号店の準備もちょっとはすすみました。

名前が決まりました。「石の間」(素人の乱京都2号店)です。
各種お酒をはじめ、つちくさ~いお茶、それから野菜のおつまみ、マッサージまであるらしい?

開店日時
9月12日(金)
以降毎月第二金曜日 17:00~22:00

メニュー
・ヱビスビール(小瓶)
・月替わり焼酎 (今月はこんにゃく焼酎の予定)
・秋田の日本酒
・泡盛
・ウィスキー
・カクテル
がALL300円。

・ソフトドリンク
・自家製茶
がALL200円。

おすすめ地ビールは原価によりけり。

バリアフリーです。車いす用のトイレもあります。
店長の気合も十分です。
e0137489_14165698.jpg


さらに素人の乱京都3号店のうわさも…。
なんと昼は喫茶店、夜はスナックらしい!
10月開店の準備が着々と。
エプロンは手づくりだ。

★今週の朗読詩★
佐藤わこ『ゴスペル』(トランジスター・プレス、2007年)という長編詩集から。

アパートの管理人は
墨江の鯰のような顔をして味がある
もしあなたが詩人だったら
部屋代を割引にしてもよいと言うので
じゃあ
わたしは詩人だと答えた

※ぼくなら割引でなく無料といきたいけれど、彼女のリアリティは慎重である。
[PR]
by okabar | 2008-09-10 20:10 | ばーのようす

絵のない風景(8月28日)

この日は、写真が一枚もありません。
カメラ忘れたわけではないです。
カメラを持ってきたことを忘れただけです。

絵のない風景を、思い浮かべるのもいいですよ。
たとえ何か嫌な事があったとしても、その風景を無に返してしまいましょう。




ほら
真っ白になったよ









★今週の朗読詩★
ぴゅとんの「食べ物と酒」と「ふみこむ」という詩を即興で作り朗読しました。
印象的なフレーズを少し。

  「緊張しすぎてクッキー食べ過ぎた」と友達が言った
  おれは緊張すると食べ物がのどに通らなくなる

  緊張が解けた瞬間
  2人とも酒が飲みたくなったのだった
  酒が緊張をほぐすのではなく
  緊張と緊張のあいまに
  酒があるのだ

※議論を活性化させた「JCILで知り合いを得る」への反歌のような詩ですね。
 真っ白な風景、腹黒い私。
[PR]
by okabar | 2008-09-10 19:50 | ばーのようす