<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第二回チタチタ喫茶映画の日、あすっ。

あすぅ。
http://titatitafanclub.blogspot.jp/2012/06/blog-post_15.html
[PR]
by okabar | 2012-06-15 13:05 | よくぼう

福島の詩人たち①の4 若松さん「二月十九日、ダイアログ・フェスティバルでの子どもたちが知りたいこと」

2012年2月18日と19日に、南相馬ではダイアログ・フェスティバルが開かれたようです。
そこで発せられた子どもたちの問いを受けての作品(メモ?)でしょうか。
若松さんから藤井さんへと渡されたメモが、渡されてわたしの手元にもあります。




二月十九日、ダイアログ・フェスティバルでの子どもたちが知りたいこと
                                          
                                     


いつになったらプールに入れますか 小5
海や川で遊べるのはいつですか
いつ、釣りができるようになりますか 小5
雨でもサッカーができるようになりますか
いつになったら雪にふれていいんですか? 小3
すなあそびができるようになりますか
ほうしゃせんを気にせず外で遊べるのはいつですか? 小5
飼い犬は屋外で放し飼いにしていて大丈夫ですか
20km内の動物の命は?


いつまでこの状況が続くのですか?
事故はいつになったら終そくしますか
原発の状態はほんとうはどうなっているの?
今度、津波や地震がきても大丈夫なのか?
原発はもう爆発しませんか? 小5
危なくなったら次の避難指示ができるのか?
放射能はいつになったらなくなりますか
私たちが生きているうちに放射能問題はなくなりますか?


いつになったら友達が安全に帰って来れるのですか? 小5
けいかいくいきの中の自分の家に帰れますか? 小3
警戒区域解除後、住民はもどってくるのか 小5
帰れない人はどうすればいいんですか
安全というけれど、本当に将来安心してすごせるか!
30km以内に子どもがいていいのか?
原町の小学校に子ども達を通わせて本当に大丈夫なのでしょうか
ここに住んでいて本当に大じょうぶなの? 小5


いつになったら南相馬で農業ができるのですか?
以前のような生活を送ることができます?

まだ見つかっていない行方不明の人!はやく家族のもとに帰したい!
病院がいつもどおりに戻るまでどのくらいの時間がかかりますか
いつになったら仙台までの電車が動きますか 中3
6号線はいつ全面開通しますか
福島の電気を使っていた都会では道路などがますます便利になるのに、電気を送っていた福島相双では万が一のための郡山や福島への道路が満足でない!見捨てたのですか?
国が福島のために何をしてくれているのか? 政府は本当のことをかくしていたのか?


放射能除染の効果が本当にあるのかどうか
放射能はどのくらいあびると危険なのですか 中3
将来、がんになりませんか?
私達が将来白血病、ガンなどになる確率は何%ですか?
甲状線ガンは、福島県内でいつなってもおかしくない、私たちを死に追いやる病気なのですか? 私たちは悪いことをしていないのに、なぜ同じ日本国民からまでも死の町などとよばれなくてはいけないのですか? 中3
将来、子供が産めますか? 中
僕はいつまで楽しく生きられるでしょうか
水道水を飲んでもいいですか
じいちゃんのうちのすいかをたべてもいいですか


東電と保安院がついたウソの数
原発は本当に必要なのか?
これ以上、私たちを苦しめないで!
地球はどのくらいまでもちますか?
[PR]
by okabar | 2012-06-13 19:52 | とうほく

ヘアカット祭り

店長の髪が伸びてきたので、散髪したかったのです。
そういう季節です。じめじめしてます。

よいタイミングで常連さんが髪を切りたいということで、店長の髪を切るのをイベントにしようと思いました。

日時:6月13日(水)16:00から

場所:北大路加茂川西岸

連絡先:090-1960-1308

※雨天中止です


散髪後、飲みに行きます。
「井倉木材」という材木屋さんがやっている立ち飲みです。
見たい人や飲みたい人は集まれー。

e0137489_12571976.jpg

[PR]
by okabar | 2012-06-12 13:03 | おしらせ

第9回カライモ学校で学んだこと

先日、第9回 カライモ学校
《震災がれきを考える――見えてきたごみ焼却システムの問題》
講師 守田敏也さん
日時  6月4日(月)14時から
に行ってきて、いろいろなこと、学んだねん。
以下、箇条書き。


・「がれき」とひとくちに言っても、「一般廃棄物」なので、かなり広範囲の廃棄物類である。
・すでに一般ゴミの焼却において、焼却後の灰からものすごく高い数値のセシウムが検出されている。
・このため、東北・関東では、ごみ焼却施設が汚染され、清掃職員が危険にさらされている。
・がれきを一回でも「試験」焼却すれば、その焼却場は汚染される。
・放射性物質は煙を通じて外に出たり、灰を運ぶトラックや風にのる灰によって街に広がる。
・この灰はただの放射性物質ではなく、焼却処理により濃縮された高濃度放射性物質である。

・東北の人間がみな県外でのがれき処理を望んでいるわけではない。むしろ逆である。
・政府が東北の人間のためを思っているのではない(モニタリングポストのごまかしなど、例はことかかない)。
・むしろ、がれきの広域処理には、産廃業者の利権と、中央政府を拒否できない地方行政の弱さが反映されている。
・以上から、がれきの処理は、安全面においてきわめて危険であり、産廃業者に金がいき、業者と癒着した政治家たちが得をするだけで、だれも幸せにならない。

・地方行政の中には真面目な方もたくさんいるので、電話するなど、声をあげれば変わる。
・住民に力がないと思い込まされているが、原発をすべて停止させているのは住民の力である。


などなどです。
その後、『内部被爆』という本も読み、現在「安全」だとされている被爆の基準は、到底信用してはいけないもので、内部被爆は外部被爆にくらべて数百倍危険だと知りました。すでにわたくし自身もこの一年はメニエルや手あれや疲れやすさなど、いろいろな体調の不調が出ていますが、みなさんはいかがでしょうか。

情報が隠されるために安全策は抜け駆けの様相を呈しますが、情報を共有し、実践しあうことで共に利己的になること、自分自身と他者との<喜び>が増大するように行動すること、共にある自己保存の方向を、これから模索していかねばならないなと思いました。


以上、
[PR]
by okabar | 2012-06-07 23:49

OKABARADIO 2回目!

OKABARADIO第2回目をアップします。



今回、半ばアドリブで突発的にコーナーを作りました。

★「エロス」
店員Tが性や恋愛について語るコーナーです。

★「あられさんの屋号を考えよう!」
京都で活躍するライター、あられさんの屋号を考えましょう。
あられさんは京都嵐山クラブなどで執筆中です。
「路面電車で行こう。」のコーナーが面白い。
リスナーのみなさまからのアイデアも募集中です。

★フリースタイルラップ
てんちょうは忘れていましたが、番組の最後でラップします。
コーナー名はこれから考えます。

各コーナーへのおたより、曲のリクエストは

okabar@excite.co.jp

まで。どーぞ、二人に話しかける感じでよろしく。

「2回続けてのったからこれで連載まんがといえるね!」
(才野茂/藤子不二雄A『まんが道』)

連載ラジオをめざし続ける
OKABARADIO
[PR]
by okabar | 2012-06-07 00:00 | らじお

福島の詩人たち⑤ 和合亮一さん「詩ノ黙礼」

こちらも藤井さんが1月22日の白龍会のおり、プリントで配ってくだすった詩。
和合亮一さんの『詩ノ黙礼』という詩集から。
勉強会の時、この詩を藤井さんが朗読してくださり、じん。




詩ノ黙礼 4/23 不眠    


電灯の無い文知摺橋。暗闇を行く黒い影。移動。暗闇から暗闇へと移動する悲しい影。電光掲示板に灯される力の無い文字。「20キロ圏内、立ち入り禁止」。移動する影。

朝から雨が降っていた。優しい雨。悲しい雨。計画的避難。3000世帯。五月末までに10000人と指定される。朝から雨が降っていた。私は髪を切りに出かけた。

精神の髪を切りながら、耳を宇宙の内側に傾けている。隣の精神の髪を切られているお客さんが語る。「おらいの嫁のうぢの家族がよ、避難してきたんだ。南相馬がらな。んだげど、馬が心配だがらって、帰っていったんだ、この前」。

お嫁さんの家のご家族は、避難していくところはあるのですか。「無い」。精神の髪は切られている、精神の髪は切られていく。

んだげんちょも、生ぎでんだべ、人も、馬も。髪も。切られでしまっで、いいのがい。私は精神の髪を切られている。宇宙の内側に耳を傾ける。雨の音。

雨の奥から、懐かしい音が聞こえてくる。竹刀の打ち合う音だ。

目を閉じながら、精神の髪を洗ってもらう。耳。泡。はじける音が、竹刀の打ち合う音と似ている。剣道をやっていた。小学校五年生から高校一年生まで。竹刀の打ち合う音。洗髪の音。泡の音。竹刀の音。

雨が地面と打ち合う。国家が人と打ち合う。海が街と打ち合う。風が生活と打ち合う。竹が竹刀と打ち合う。正義が義務と打ち合う。優しさが処罰と打ち合う。悲しみが悲しみと打ち合う。打ち負かす。悲しみが悲しみに打ち負ける。髪が泡と打ち合う。髪が指と打ち合う。泡が水に打ち負ける。洗髪。

髪が乾かされる。すっかりと短くなった。日本の現在に髪を切られたのだ。

精神の髪を切る理容師は、話した。「避難所を何ヶ所か回った。岩手も宮城も福島も。髪を切ってあげたのだ。しかし福島の避難所の人々は表情が硬い気がする」。日本の現在は髪を切るのだ。日本の現在の髪を日本の現在は切る。日本の現在の髪は日本の現在に切られていく。

切られていない髪と切られている髪と切られた髪、私たちの精神はこの三者を持て余す。私たちの精神の髪を、誰か、梳かして下さい。黙礼。


以下略。






※この詩集もツイッターで書かれたものをまとめたもので、上に紹介したのは4月23日に書かれたものの一部。ほんとはもっと長く続いていく。ひとつひとつが瞬間の、つらなり。

※文知摺橋→もちずりばし
[PR]
by okabar | 2012-06-01 18:55 | とうほく