「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

オカバーの商品は安全か。続・ヱビスビール編

続編です(2012年7月31日)

サッポロビール(株)お客様センター 0120-207800
に問い合わせました。電話するの苦手なので勇気いりました。
最近こういう質問が多いのか、スムーズに対応していただけました。

●麦
まず原料の麦ですが、9割が輸入で、輸入元はドイツ、フランス、カナダ、オーストラリアでした。
協同契約栽培という形で農家と契約して輸入しているそうです。
のこる1割が国内産で、北海道、栃木、埼玉だそうです。
それぞれ具体的な割合などはその都度変わるので一律には答えられないとのことでした。

なお、栃木県と埼玉県の最新の麦の検査結果は以下です。
栃木県の二条大麦

埼玉県の食品など

これを見ると、いずれも二条大麦は2~4Bq/kgという数値になっています。
まず、去年の麦から高濃度のセシウムが検出されたことには、やはりそれだけの理由があったのだなということ、もうひとつは、現在のこの数値をどう考えたらいいのか、ということ。

●ホップ
8割が輸入で、ドイツ、チェコ、ニュージーランドだそうです。
中国からの輸入はないとのことでした。
2割が国内産で、岩手、青森、北海道(上富良野)からだそうです。


●水
仙台では白石川を、千葉では利根川を水源とする水道水をそれぞれ使っているとのことでした。


●各社の比較
ラジオスポンサーのゼロベクレル派オクバーJペータ先生から情報が入りました。
2011年の8月の時点でビール会社各社に問い合わせブログに書いている人がいました。
茨城県産の麦から「ほぼ暫定基準値」460ベクレル/kgを検出 米より麦製品に注意 NO.3

これで見ると各社対応はいろいろのようですが、国産原料の生産地を案内しているのはサッポロビールだけのようです。

OK FOODというページも教えてもらえました。
ここでもやはりオススメされているのは主に外国産のビールですね。
各社の対応や検出器械の制度なども書かれてあります。
なお検出限界値というのは数字が低いほど小さい数字まで分析できる、ということみたいです。
100Bq/kgより10Bq/kgのほうがよいと考えてよいかと思います。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7203125.html
しかし、限界値10Bq/kgということは、10Bq以下は計れないということであり、
「不検出」というのは事実上、「検出されなかった」のではなく、「できなかった」ということ。

OK FOODのページでも、コメント欄でサントリープレミアムモルツに関しても国産原料が使われているとあります。
サントリーのお客様センター(0120-139-310)に問い合わせてみました。

まず、麦は9割が輸入、水は各工場の地下水、麦芽は、プレミアムモルツの場合は100%欧州産(チェコ周辺)とのことでした。麦の国産産地については「ご案内していない」とのことでしたが、なぜご案内していないのでしょうか。
検査は行っており、政府の暫定基準値100Bq/kgとは別に、検出限界値10Bq/kgで会社独自に検査し、今のところ検出されていない(つまり11Bq/kg以上の数字は出ていない)とのことでした。つまり、検出できないということです。

限界値が10Bqである以上、プレミアムモルツに関しても、国産麦の使用の点で不安が残ります。
ご案内していないとのことでしたが、関東圏の麦だと考えてよいと思います。
サッポロビールは国産原料の産地も教えてくれて最も情報開示してはいますが、やはり同じく麦とホップの安全性には不安が残ります。

ここで企業の怠慢について考えなくてはなりません。
検出限界値10Bq/kgの機械そのものは確かに高価であり、自社で検査をしていること自体は評価できますが、もっと低い数値の検査も依頼すればできるわけですから、現状では企業の独自調査は信用するに値しません。

そもそも農家はまったくの被害者なわけで、そんな農家の農産物を買い取って売る食品加工・流通企業は、東電に続く第2の加害企業になりうると思います。もちろん農家だって生きるために売ればのちのち自分の作ったもので人が病気になる状況に荷担してしまうわけです。さらに矢部史郎さんの『ゼロベクレル派宣言』では、残飯や排泄物を通じて下水や河川、海洋汚染が拡大すると指摘されています。健康被害のことだけを考えがちですが、食品流通を通じても環境汚染は広がるという点に、はっとしました。


というわけで、国内流通のメジャービールで、今の時点でこころから喜んで仕入れられるビールがないという悲しい結果が出てきました。

今の時点で結論を出すと、店員Tとしては、国内メジャービールは、仕入れない。
アサヒ、キリン、サントリー、サッポロ、ばかやろう、です。
方針であります。
オカバーカウンター内で相談して、
カウンターカルチャーを作っていこうと思います。
[PR]
by okabar | 2012-07-31 15:48 | こうがい

オカバーの商品は安全か。ヱビスビール編

ラジオでも話題にしたのオカバーで出している飲み物の安全性、調べていきたいと思います。
ちなみに安全性といっても農薬問題や肥料問題などいろいろありますが、ここでは放射性物質に特化して調べていきます。

ただし、前提条件として、計測の不可能性と基準値は無いということを確認しておきます。矢部史郎さんの『放射能を食えというならそんな社会はいらない、ゼロベクレル派宣言』にも書いてありますが、放射性物質は偏在するという性格を持つので、科学的にはすべての原料、すべての商品を計測しないと意味がないということです。麦畑の中でも放射能の高い場所と低い場所とほぼゼロに近い場所があり、一定量の水の中でも放射性物質は均質に存在しているわけではないそうです。ですから、ちょっとサンプルをとって調べたからといって安全が確認されるわけではありません。さらには、計測者が誰なのか、どういう立場の人間なのか、ということも考慮しなければなりません。数字が小さいほうが得をする立場であれば、当然計測結果を小さく偽装している可能性が見込まれます。そしてもうひとつ、安全基準値などというのは政府が勝手に決めているものであって、本来は存在しません。基準は飽くまでゼロかどうかです。以上のことをふまえた上で、調べていこうと思います。(もっとよく知ってる人はぜひ教えてください)。


●まずはサッポロビールがつくっているヱビスビール。
オカバーのベイス商品です。

企業側が、説明を出していました。

放射性物質に関する品質保証体制について
http://www.sapporobeer.jp/info/news/0003/index.html
企業側によれば、セシウム134、セシウム137は2012年7月1日まで検出されていないとのこと。ただし、原料の水と製造後のビールのみの検査で、麦とホップの検査はされていません。そして当然のことですが、企業側が安全だと言っているから安全だと判断するわけにはいきません。


●麦について

それで調べてみると、栃木県産の麦の使用について調べている方がおられました。
3.11東日本大震災後の日本
http://tsukuba2011.blog60.fc2.com/blog-entry-359.html
このブログによれば、2011年8月15日の時点で栃木県が発表していた二条大麦に関するデータ(今はリンクが切れています)では(検査機関=財団法人日本食品分析センター多摩研究所)、公表された9地区のうち7地区で放射性セシウムが検出されています。データでは、単純平均して1キロあたり32ベクレルということになっていますが、上で述べたとおり、放射性物質は偏在するので、平均化という作業は意味がありません。ですが、目安として9地区中7地区で検出されていた、ということは確認できます。

大麦からビールへの移行率の問題もあり、結果的にどれだけの量の放射性物質が商品に混入するのか、という計算は、上記のブログでなされており、一応の参考にはなりますが、ただ平均化は意味がないので、どう参考にしてよいかよくわかりません。さしあたり、2011年8月の時点では、栃木県産の大麦を使ってビールを作った場合、検出されるかどうかは別として、放射性物質がビールに混入する可能性があった、ということです。最新の大麦のデータや、栃木県産をどこの工場で使っているのかいないのか、などがわからないので、今のところはこれ以上はわかりません。その他、群馬や茨城でも二条大麦は作られていますが、これらの大麦はどこでどう使われているのかいないのか。



●水と工場の位置

次に、原料の水ですが、どのような水を使っているのか、企業のホームページには書かれてありません。
http://www.sapporobeer.jp/book/materials/index.html
こんなページはありますが、どこのどういう原料なのか書いてありません。そこで、地下水か水道水を使っていると仮定した場合、空間汚染と地下汚染を考慮すれば判断基準はどこの工場で作っているのかということになってきます。

オカバーで7月26日現在出しているヱビスビールの製造所固有記号は「H」で、これは九州日田工場(大分県日田市)の記号のようです。
ちなみに、各企業の製造所固有記号のまとめは以下↓
製造所固有記号@ウィキ
サッポロビールの場合は以下↓
http://www45.atwiki.jp/seizousho/pages/121.html
ぱっと見て気になるのはやはり、N:仙台工場(宮城県名取市)、K:那須工場(栃木県那須町)、L:千葉工場(千葉県船橋市)でしょうか。もちろんこれらの工場で作られたから危険だとは言えませんが、企業側の詳しい情報開示がない限りは、安心できません。

さて、九州日田工場では、水郷日田の名水を100%使っているそうです。
http://www.sapporobeer.jp/brewery/shinkyusyu/index.html
これが本当なら、水については、他の工場よりは安心できそうです。


●ホップ
ちなみに、2009年の時点で、サッポロビールの使っているホップはウィグル地区の新疆生産建設兵団から買っているもので、核実験場の近くなので危険だと書いている人がいます。
http://net-warshi.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-bf40.html
http://net-warshi.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-e6fb.html
根拠になっているブログ
http://kok2.no-blog.jp/tengri/2008/05/post_a611.html

これは、今回の東京電力放射能公害事件とは別件ではありますが、事実だとすると、サッポロビールの使っているホップは危険だということになります。



以上、ものすごく簡単にではありますがざっと調べてみました。結論からいうと、オカバーで出しているヱビスビールは、栃木県産の二条大麦が使われている場合は、安心できず、製造工場は九州日田工場なので、水については安心できそうで、ホップについては、ウィグル地区から輸入しているのであれば、危険である可能性が高い。となります。
原料の二条大麦については、九州日田工場に問い合わせる必要が出てきました。
ホップについても問い合わせる必要があります。


ということで、今の段階では、胸を張って「安全です」とは言えない、ということになりました。
情報が入り次第報告しますが、来店者個々の判断に今は委ねます。


その他の製品についても、今後少しずつ調べていくつもりです。
[PR]
by okabar | 2012-07-27 20:41 | こうがい

OKABARADIO 4回目!




いろいろ適当な発言ありますが、
今後勉強学習してまいりますので、
おゆるしを。
[PR]
by okabar | 2012-07-26 20:54 | らじお

作曲家・坂口博樹さんによるピアノと朗読「漂流する秋」(内池和子作)

このブログで紹介した福島の詩人、内池和子さんの作品「漂流する秋」を、
作曲家の坂口博樹さんが、ピアノ伴奏とともに朗読されています。
以下のサイトで聴くことができます。
Today's composition 今日の作品

いいです。
一回録りだそうです。

坂口さんのサイト
坂口さんのブログ

もご参照あれ。
[PR]
by okabar | 2012-07-20 20:26 | おしらせ

ひさしぶりにパレスサイドホテルをとびだす

どもです。

きたる7月16日(月・祝)
いつもホテルの二階を借りて営業してまいりますOKABAR★
ものすごく久しぶりに出張します。前回の出張は…コレかな。

今回の場所は二条駅近くの喫茶店雨林舎
7月7日に8周年を迎えた同店のパーティーに潜入しますです。

目玉は地ビールの樽生!
雨林舎店員のリクエストで、ペールエールをということで
志賀高原ビールDPA
そしてなくなり次第、志賀高原ビールインディアンサマーセゾンをつなぎます。どちらも10リットルですので早い者勝ちです。
そのほか日本酒、梅酒、ワインなどもあります。
お祝いのため、派手目のお酒が多くなっています。よろしく。

それから、おつまみも数品つくります。
こちらはらっきょうやザワークラウト、味噌漬けなどありまして、漬物的なアテが多い予定です。

整理!
出張OKABAR 雨林舎のカウンターがOKABARになる日は8周年感謝の日
日時:7月16日(月・祝)13時から19時くらい
場所:雨林舎(JR二条駅近く)
参加費:無料

http://pds.exblog.jp/pds/1/201207/14/89/e0137489_10255224.jpg

ノルカソルカさんのライブ、昭和歌謡大会など楽しげな企画もあるようですよ。
[PR]
by okabar | 2012-07-14 10:27 | おしらせ

『ダダッ子貫ちゃん』上映会情報

どもです。

e0137489_17255882.jpg


ありがたいことに、
7月8日、広島は横川シネマにて、
『ダダッ子貫ちゃん』、上映していただけたようです★
http://yokogawa-cine.jugem.jp/?eid=1251
ありがたき幸せ☆

e0137489_17261061.jpg


それから!
11月頃に、
京都で、
『ダダッ子貫ちゃん』の
連続上映会的な発想が、
いま、
すご腕のエージェントたちによって
練り上げられつつあります。
乞うご期待!

e0137489_17262431.jpg

[PR]
by okabar | 2012-07-13 17:22 | おしらせ

チタチタ喫茶映画祭 28日、『好色一代男』再上映。

昨晩は曇り空の下、来てくださったみなさまありがとうございました。
事情により次回の28日に、再び『好色一代男』、上映させていただきます。
見逃した方もよかったらどうぞ。
残念ながら座頭市は中止、プライベート上映となると思います。
では、そういうことで。。
http://titatitafanclub.blogspot.jp/2012/07/28.html


e0137489_17593733.jpg

[PR]
by okabar | 2012-07-08 17:57 | おしらせ

第三回チタチタ喫茶映画の日 増村保造『好色一代男』(市川雷蔵・中村玉緒・若尾文子、1961年大映)明日。

明日です。
http://titatitafanclub.blogspot.jp/2012/07/7.html

よろしく。
この映画、面白いです。
「ちょんまげとか好きちゃうねん。意味がわからへんわ」
という方でも、好きやし意味がわかると思います。
そう言われて愕然としたわたくしも、明日は楽しもうと思います。
ホムペはこちらね↓
http://titatita.net/
[PR]
by okabar | 2012-07-06 22:12 | おしらせ

OKABARADIO第三弾。今回は実家2時間スペシャル。特別企画もりだくさん。



よろぴく!
[PR]
by okabar | 2012-07-02 09:41 | らじお