<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

明日1月30日は”五週目のいいオンナ”がカウンターにたつ最後の日です

旗のこと、書こう書こうと思っておりましたが、まだ書けずにおります。想いより体が先に動くことこそ、真実なのでしょう。
店長の京都での思い出を思い出すには、時間がかかりそうです。
ところで、現在旗は存在しないOKABARの黒板ですが、とあるプロジェクトと称して、店員による『OKABARの看板展』をやっています。
それぞれの週の担当の店員に、それぞれの想いを乗っけてもらって、黒板にOKABARの看板を書いてもらっています。

旗登場以前は、こんなかんじで毎回書いておりました。
e0137489_23102217.jpg

(コチラは店長作の復刻版です)
閉店に向け店員にも同じことをやってもらっています。
写真ではしばらく公開しないので、現場に来て確かめてくれ!

(※飾ってませんがまだ旗は存在します)


さて、明日のOKABARは、”五週目のオンナ”ことあいちゃんが登場します。
6年目を迎えるにあたってOKABARの店員をどうしようかと思ったところ、ふと月4人でまわす週替りシステムを思いついたのですが、それだと5週目をどうしよーって思ってました。あいちゃんはそんな悩みを救ってくれた救世主でした。

思えばトリペル(店長が参加していた古本・マンガカフェ)閉店の時に、閉店を惜しむように最後まで残って遊んでくれたのはあいちゃんでした。あの時の酔っ払いぶりは忘れません。

出会いはOKABARに、古書ダンデライオンの中村氏の紹介で遊びに来てくれた時に遡ります。
ガケ書房のウメノ氏と共に、最初はテーブル席に座ってくれたと記憶してますのが、第一印象。そのふんわりとした佇まいと、外にエネルギーがあふれんばかりのポジティヴ・バイブスは記憶しています。
その後、茶山のオシャレカフェprinzでスタッフとしてギャラリーの企画・運営かつメイドさん(給仕)として働いていることをしったり、数々のイベントに誘ってもろたり(これとかは彼女に導かれて)「ほんにお世話になりまくり」なんですが、だからと言って常につるむわけでもなくて(だって彼女忙しそうなんですもの)活動のフィールドもわりとちがっていて、日々は過ぎてゆきました。
カフェスタッフとして、イベンターとして、キュレーターとして、時にはOKABARスタッフとして活動しているあいちゃん。
いつも五週目には、OKABARに友達を呼んでくれるあいちゃん。
友達を紹介するときの「ほんとにいいのっ」というエネルギーがあふれんばかりのセリフを言うあいちゃん。
ときどき思いついたように作る料理は、なぜかすごくおいしかったのに「テキトー」だと言い張るあいちゃん。
おにぎりを作って、かわいいメニューリストを作ってきてくれて、それをそっと置いていくあいちゃん。
果物に店長や店員の顔を落書きするあいちゃん。
e0137489_236153.jpg


店長はあいちゃんとの、徹底して感覚的な友情を忘れません。
それは噛み合っていないかもしれないし、継続的に連絡を取り合っていたわけでもありません。
でも、5週目にあうたびに感じる「高校の同級生」のような、理由なき友情。
たまにしか会わないけれど、他の週の店員の顔を出してくれたことはないけれど、それでもOKABAR店員というポジションに不思議と収まってくれました。

最近は五条楽園跡地にhomehomeという「本と紙」のお店を始めたあいちゃん。五条モールはいろいろなお店が集まる不思議な空間です。
多岐にわたるけど、すっごく限定的なその活動は、OKABARのイメージと、どこか重なることに気づきました。

明日1月30日(木)は、最後のザ・パレスサイドホテル二階の小さなスペースに立つ”五週目のオンナ”をみなさんよろしく。
古書ダンデライオンの中村氏が友情出演、カウンターに立ちます。
ウイスキーや日本酒など登場します。
[PR]
by okabar | 2014-01-29 23:15 | おしらせ

第二期OKABARDIOの収録は明日25日

こんばんは、昨日は大変たくさんの方にご来店いただきまして、店主、店員Sは楽しかったです。
なんと1:00前に来店の方もいました。
最近はちびっとだけ、ルールを破り、12:00を超えても営業することがあります。
シンデレラの魔法の延長は気まぐれなんで、そこんとこよろしく。

「また来ます」ということば、あと何回聞けるのかな。

おっと、おセンチになりがちですが、寒さのせい。
気力は充実しております。

つまるところ
1月25日(土)OKABARADIO録ります!

この前、店員Nに「最近のラジオたくさんあって、わけがわからないよねー。」
ということを言われまして、開眼しました。

「はっ、レギュラーラジオを大事にしなくちゃいけないんだ」って。

ちかごろナリワイ伊藤洋志さんとや、高橋マキさんとや、常連Sなんかと連続してやってまいりまして、波が起きていたオカバラジオ(第二期)。でもゲストの人とやりすぎると、何がしたいのかよくわからなくなってしまいます。
ゲストとのトークは楽しいし、「よかった。」との声をよくいただきます。
でもその一方で、月一更新を目指し続けている、「いつものメンツ」とのラジオがおざなりになってしまっているのでは、と。
わたしがラジオをやりたいのは、「のんびりだらだら雑談する。」ということの重要さです。
正直、店員Nとポエトリーボーズとの会話はほかのゲストとの会話に比べて、盛り上がっているとは言い難い!しかししかし、そこにこそ、人間が会話するということの”営み”と”物語”が隠されているんじゃないかと思っています。
もし時間があるならば、第二期OKABARADIOを一回目から順番に聴いてみてください。


そんなわけで、【第二期OKABARADIO】は
しばらく
「店長と」「店員Nと」「ポエトリーボーズの」三人でお届けします。

そう、店長が京都をでるので、カウントダウンが始まりそうなのです...。

なんと明日録音分で、第二期としては10回目です。10回も続いてるってすごくないか。(ないよ。)


お便りはこちらまで

okabaradio@gmail.com

各コーナーのへのおたより、曲のリクエストもどうぞ。

☆西日本オススメスポット
西日本(関西以西)の面白い場所を紹介してもらうコーナーです。

☆食べ物の話をしよう
レシピや食べるLIVEも。

☆ポエトリー坊主のポエトリータイム
詩の朗読、今回は誰の詩が飛び出すのか。

☆フリースタイルラップ
最近店頭であまりできなくなっているRAPですが、ラジオではフリーキーにフローします。



※明日(25日)正午まで受け付けます。
[PR]
by okabar | 2014-01-24 18:58 | らじお

おかくんのいいところ

おかくんのいいところ。

のみものをつくるのがはやい。笑
眼がきれい。
自分の世界と現実に起こっていることをきちんとつなげてみている。
そのうえで思想がある。
人のことを深く感じとろうとしてくれる。

そんなおかくんとの出逢いは、友達(おとぎの器 co社の、しおりん)がおかばーに
誘ってくれたこと。

たまたま、店員の竹村くんが海外にいくタイミングでした。

『ばーを手伝ってもらえますか?』
と初対面で言っていただき、はや1年4か月。
月1回 第四木曜日の女として(笑) カウンターにたたせていただきました。

おかくんの思う『まじわり』は、
わたしの思う『まじわり』と似ていました。
(しっかり話したことはありませんが)

自分のもっている意識は、
語らなくても伝わったり、
行動にでたりしますね。

ここでみなさんとまじわれたこと、とてもうれしいです。

わたしは1月23日と2月27日に、お料理いろいろもって向かいます。
今回は、作っていくものを多くして、できるだけゆっくりお話できたらなと。

たのしみにおまちしております(^-^)

和楽祝家 主宰
重ね煮料理家 坂手明子
[PR]
by okabar | 2014-01-21 12:38

ようこそ新しい世界へ 古きを訪ねた結果(1月16日)

毎年恒例となっている、今年の書初めについての記事を書いてませんでした。
次回オカバラジオをUPするときに、少し話したいです。
さて、ラジオのおたより、まだまだ募集中です。

okabaradio@gmail.com

まで。
1月25日(土)に収録予定です。
【食べ物のコーナー】【詩の朗読コーナー】【西日本オススメスポットのコーナー】など、各コーナーへのコメントや音楽のリクエストもOKです。


さてもさても、先週のOKABARのようすを。

e0137489_23215212.jpg


常連Nのおつまみはこちら。
上から時計回りに、〈小カブのつけもの〉〈ごぼう入り肉団子〉〈にんじんの白和え〉〈八角煮卵〉
特に肉団子は、一見市販品か!?と思える見栄えですが、食してみて見事に裏切られる食べ物。食感の妙です。

e0137489_2329562.jpg


ハンガリーチバーのフランス語りは嬉々としてました。
この人、ほんとすごいと思います。愛情の強度と方向性の多彩さ。

「知識とか技術とかじゃないんだ。【好きの度合い】なんだよ。」

来月はフランス土産を本格的に登場させる予定だそうです。


e0137489_2347823.jpg


寒さのせいか、お客さんの入りはぼちぼちと、といったところでしたが、みなさん寒さにめげず来てもらって感謝感謝です。嬉々としてます。
このブログををスタートした当初、毎週上げていた、〈ばあのようす〉というコーナーですが、これは「行きたいけど行けなーい(かった)!」というお客さんのために店長がその日のダイジェストを語るという記事でした。
かつては律儀に毎週更新していましたが、次第におっくうになっていったのか、自然に消えておりました。

最近、年のせいか過去のOKABARを振り返ることが多いです。おかげさまでお客さんも多くついてくださっていて、原点を忘れている気がしてならないので、「Back to Basic」と言わんばかりに、これから閉店まで、毎週のようすを公開しようと思っております。

思えば、今はツイキャスやユーストリームなどの、生中継ツールはいろいろありますね。そこまでのカバーはおっつかないので、誰かやってみてね。他力本願てんちょでした。

ところで、レギュラー店員以外の人に手伝ってもらうことはOKABARでは、たまにあります。
いままでカウンターに入ってくれた方ののべ人数を数えるとしたら、20人くらいでしょうか。

この記事を見てみると「限定的看板娘」というフレーズがありますが、当時は娘がカウンターに立つことは稀だったのでしょう。
看板がわりの旗も登場しています。

これまでカウンタに立ってくれた人を集めたいよ。
そして、立ちたかった人へ、ボーナスステージが用意されているようです。(1月の5週目に注目)

実はもうBARには存在しない、この旗についてのこと、書きたいな~。
(次回に続く)
[PR]
by okabar | 2014-01-21 00:07 | ばーのようす

また、会うだろうと思っていたらいつの間にか会わなくなったり、数ヶ月、何年か経って再会したり

明日16日は、ハンガリチバーの予定ですが、店員Cが開店時間にこられないため、おたすけで常連Nがカウンターにたちます。

・前半→おにぎりと粕汁のセット、おつまみいろいろセット(売り切れ次第終了)
・後半→店員Cによるフランスビールと土産話(必聴)


ところで、昨日ブログにあげた閉店宣言は、常連Nから以下のようなおたよりをいただいたからあわてて書いた。書かなくちゃ書かなくちゃと思っていたら、永久に書けないのだね。
思わないことなんだわ。

(今回の記事のタイトルは、あだち充のマンガみたいに、記事内からことばを抜き出しました。)


おかばーのこと(おもいで話よもやま話)

おかばーとの出会いは6年半前、店長との出会いに重なります。店長は、出会って間もない頃、「今度から毎週木曜日に友達とホテルでバーするからよかったら来て」とうこと言ってにっこり笑いました。それからしばらくしたある木曜日、わたしは、おかばーを初めて訪れます。「ホテルのバー」というところでの、あのキラキラしたカクテルとおしゃれイメージにちょっと尻込みしながら向かいました。
だけど、そんな気取ったところはなく、手作感のある素朴なカウンターに少しほっとしました。店員Tとも店長と似たような背格好で、ゆっくりと低いトーンで話し、二人は兄弟みたいでした。しばらくして、隣に座った女の子がタッパーに入れた、おかずをくれました。それをつまんで食べました。少し話しました。
当時の私は見ず知らずの人と話すことなんてほとんどありませんでした。
帰り道、また来ようと思ったのか思っていないのかは定かではありませんが、その後も頻度はまちまちだけれど、わたしはおかばーに通うことになります。

月日は流れ、店員Tがおかばーをやめることになりました。このときは、店員Tがいないのなんて、もはやおかばーじゃくなってしまうんじゃないかと思いました。しかし、心配は無用でした。確かにそこは二人が作ったバーとはちがうけれど、また、にぎやかになりました。
いつも、たくさんのひとで席はいっぱい、立ち飲みがいつも出るほどの盛況ぶり。おかばーを知る人も増え、おかばーは出会いのあるバーとしていつの間にかとても人気がでてきました。

おかばーで、出会う人は不思議です。普段の生活では会わないような人ばかり。年齢性別仕事興味関心こういったものが、全然共通点のない人ばかりです。だけど、あの場所では不思議と話が盛り上がったり、意気投合したり。
その場で初めて会う人、ホテルに泊まっている外国人旅行客、いつの間にか打ち解けた常連同士。おかばーに行けば、誰かに会えるけれど誰に会えるかはわからない。通えば通うほど、今日会える人たちは今日しか会えない、そんな気持ちになっていました。刹那的だけれど、そういったことの心地よさがそこにありました。ここ1年くらい、わたしは、何かに駆りたてられるように、行ける時にはおかばーに通っていた気がします。おそらく閉店を予感してたのでしょう・・・というのは調子良すぎで、そんな気持ちがいつもどこかにあったからかもしれません。
親しい人に悩みを打ち明けて相談できるのと同じくらい、あまり知らない人との他愛もなくくだらない会話は、落ち込んでる時にひとを引き上げる力がある。そんな気がします。全く別の方法で。

じぶんとは全然違う考えの人たちがいるということ、おかばーではそれが良くも悪くもごちゃまぜになっています。共感するひと同士のつながりの深さ、同じ気持ちで向かっている人のひたむきさ、そういったものをエネルギーを感じると同時に、どこかこころが圧倒されるような気持ちになることがありました。そんなときはなるべく雑多でごった煮なおかばーなひとの中に入ると、ものすごく気楽なれました。案外どんなひとでも仲良くなれるんじゃないかって。

わたしは、単純に長く続いているものに信頼をおいています。きっと続く事の理由なんて案外ないのかもしれません。それでも、続いたし、続けた。
店長は、ゆるやかでわりと寛容なんですが、そこらへんまじめでずっと続けていた。それは、木曜日の期待を裏切りませんでした。

また、会うだろうと思っていたらいつの間にか会わなくなったり、数ヶ月、何年か経って再会したり。それが、何気なく起こる場所。

思いがけず話が盛り上がって高潮した気持ちで帰る日もあれば、落ち着いた話をしてゆっくり過ぎていく日もあれば、だれかの一言がグサッと刺さり落ち込みながら帰る日もあるのだけれど、おかばーに行かなければよかった、という日は一日もないのです。

あと少し、おかばーのつくった夜のすみっこがみんなの心のすみっこに残っていきますように。
みんなでなんとなく楽しかった木曜日が作れたらいいなーと思います。


                                                                                                           常連N

[PR]
by okabar | 2014-01-15 23:50 | おしらせ

つい長くなってしまった閉店宣言

さて、年始にUPしたお年玉を聞いてもらえたかな?

ラジオや口頭では言っているのですが、実はこちらでは、文章では告知していないことがあります。

オカバーは、この春にクローズします。

店長自身、実は一年以上前から京都を離れることを考えていました。
何度も、「京都でるぞ、でたいぞ」と人に漏らしてきて、でられないでいる状況。その状況に対して、平面的な感情ではいられませんでした。単にでたい〜という欲求があるだけ、なわけないじゃないか!
毎日楽しかったし、いまも楽しく過ごしています。自分のやってることに迷いや違和感ありつつも、友人や仕事仲間、オカバー店員たちと日々過ごしている。
この街には、毎年新しい人も入ってくる。これまで先人たちが築いてきた、いろいろなレベルでの歴史のある京都という街。この街に包み込まれてました。
その街を出る決心の真意は別稿に譲りますが、ちょっとしたきっかけと、呻きをあげるような悩んだ上でのことです。(大袈裟!)

店長は京都をでて、地元の神戸に帰りますが、オカバーは続けたい。週イチで京都に通うことで、オープンし続けることも考えました。
オカバーは2007年10月に開店以来、実は一週も休んだことがないです。(でも店長は休んだことあるよ。)
京都に移住して9年、生活の期間の半分をオカバーと共に過ごしました。
その間に店長ならびにオカバーを支えてくれたみなさまには感謝してもしきれないです。
過去のブログを見返してみると、開店当初は店員が4人いたり、お客さんが名刺をデザインしてくれたり、東京に出店したり、その辺の人に突然店員やってもらったり、店長の髪型が変わっていたり(お客さんに髪を切ってもらった)、店内でイベントのアイデアが生まれたり(ひらめきスポット)、さまざまなことが起こってました。昔は毎週閉店後に、「今日のばーのようす」という具合に、ブログをあげていました。それも息切れして、ブログは店員の好きなこと書く場になって、店員が辞め、店員が一気に増えて、最近はラジオを始めたり、イベント出店が多かったり、いろんな人にかかわってもらいながら駆け抜けた6年ちょっとでした。
たった週一の4時間のあいだに起こることは、基本的にただ酒を飲んで人が話してるだけです。
集う人も季節のようにだんだんと移り変わり、その場限りではどうでもよい、意味がない、即物的、などと思われるかもしれませんが、それがいいんです。長いスパンで見ると、とても、とても密度と手触りのあることが起こっていいて、なにかが作られていました。
時間をかけて原点に戻った気がします。店長と店員Tが始めた時に決めた、「大切なこと」を思い出しました。

そんな場所。神戸から通ってでも、不定期でも続けたいな、と思いましたが、・店長の先の身の振り方がわかっていないこと、・たまに開催することは、週一で店を開け続けることとはぜんぜん意味が違うこと、を思うと、一旦クローズするのがスムーズなのかなと決定しました。

そして、考えてみれば店員は週替わり。N、O、L、C、S、五週目のオンナ、それぞれが店員として店にたつのは、あと2回ないし1回こっきりになってしまいます。
彼女たちのために、いまはオーストラリアにいる元・店員Tのために、たまたま出会うホテルの宿泊客のために、場所を提供してくれているザ・パレスサイドホテルのために、なによりわざわざ数時間の交流のために、来てくれるお客さんのために、あと少しだけど、その場その場を真剣に楽しく過ごそうかと思います。
さらに、楽しく過ごす一環として、ブログの更新頻度をあげていこうと思っております。(初期のブログに見えた、丁寧な描写よ!再び。)
この閉店宣言で、語り尽くせればいいのですが、でてくるでてくる思い出は、キリがないので、日々浮かんでくるのを待ちます。

では、残りもよろしくお願いします。

今後の営業予定と店員

1月

16日 常連N(おつまみと粕汁) 店員C(フランス土産)
23日 店員S(居酒屋的空間)
25日 OKABARADIO収録日
30日 5週目のオンナ(未定やけど楽しいことやってくれるさ!)

2月
6日  店員N(ふつうがすてき)
13日 店員O 店員L (OLナイト)
20日 店員C (フランスかぶれナイト)
22日 OKABARADIO収録日(暫定)
27日 店員S(居酒屋的空間)

3月
どこかの週の木曜日で「さよならBAR」があります。どんなイベントかはラジオを聴いてくれ!(詳細は店長も決めてません)


これまで無茶な企画はいろいろあったけど、最後の最後にそれを超える無茶をしようと思う。

店長拝

追伸

1月25日(土)にOKABARADIOを録ります。第二期、いつもの3人でやります。

okabaradio@gmail.com

まで、おたよりください。
[PR]
by okabar | 2014-01-15 00:35 | おしらせ

OKABARからのお年玉

昨日の新年一発目の営業に来てくださった方、ありがとうござました。

お年玉というか、お知らせなんですが、散々ためといてこれなのかー、とか言わず聞いてください。

店長が考えていることが、少しでも伝わりますように。



本年もよろしくお願いします。
[PR]
by okabar | 2014-01-03 18:45 | らじお