「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

店員Sが卒業

ども、最近夜の出歩きが多すぎて疲れギミックの店長ですが、周りの元気な声を聴くと、笑顔がこぼれてしまいいます。
そう、昔からそうでした。「オラに少しずつ元気をくれよ。」よろしく、周りの影響を受けやすい。
だから、ここ数週間の木曜日のそれぞれの店員卒業の賑わいも、寂しさを通り越した騒乱状態。

さて、店員Sさんです。
彼女はいつも、ニコニコしている。
その笑顔に誘われるように、普段オカバーにアシを踏み入れることが無いような方々がたくさん集ってきます。料理とマキコレワインのセレクションもそうですけど、わりあい先端のセンスをいっているのにもかかわらず、やわらかい雰囲気に中和されて、やってくる人人。食卓を通して、つながる人人。

あれよあれよという間に、気づけば居酒屋的空間になっていて、店長もびっくりです。
これ、意図したことでないんですけど、みんなのニーズにこたえるカタチで、そうなっていくんですね。
人を集めて何かを起こすということに対するやり方はだいぶ違うのかもしれないけど、それでもどこか深層でつながっているといいな。それが4週目オカバー店員をやってきた理由だ!

e0137489_1144364.jpg


京都カーフリーデー2013のときにコンビを組んだ無添加ソーセージの古都さんとの2ショット。
今夜はソーセージが届きます。

そして、店員Sのおつまみ。
最後ということで相当張り切って、用意していると思います。
「オーガニック」「無添加」などと彼女はよくことばにします。宣伝文句として、安全な食べ物を求める人を集めるときには、重要なフレーズです。
一方、店長はそういう風に衒学的に使うのは好まない。なんでだろーな。だけれども、それの意味するものは一緒であってもいい。

こんなこと言うの恥ずかしいけど、食べた瞬間に、笑顔がこぼれて、話が弾む料理なら、いいんだと思います。
3.11以降、みな放射能問題で産地が気になったり、情報があふれすぎて惑わされたり、無関心/関心で、分断されてしまったりしました。今も、そういう「住処の違い」をいろいろなレベルで感じることがある。

その向こうへ行くために、オカバーで感じたすべての感情は、感じた自分にとって、正しいんだと思っていいんです。自分にとって正直で正しいなら、臆することはない。さらけ出せれば、一緒に酒を酌み交わす人と、食卓を囲む人と、ちゃんとはなせれば、ちゃんとおいしくなるはず。

店員Sありがとう。ありがとうおいしいお酒とごはん。
[PR]
by okabar | 2014-02-27 11:27 | おしらせ

明日22日はラジオ収録だよ

2月は去るといいますが、もう後半です。早いです。
ラジオ収録も明日2月22日(土)に迫りました。

e0137489_17102687.jpg

この三人でやるのは最後!

今回もおたより募集!明日の正午まで受けつけてます。

★各コーナー紹介★

※曲のリクエストも募集しています。ほぼすべての曲をかけたいのですが、時間の関係でボツになる場合があります。そして、最近「リクエスト書いてっ。」とBARのカウンターから提案し、その場で書いてもらうのですが、曲名とアーティストだけでなく、ぜひコメント・おたより・たわごと・メッセージ・コーナーへの投稿・愛の告白も添えてください。ない場合は曲が"かからなくなる確率"があがります。

★ガラスの喫煙室
→前回の内容をふまえて、今回はどの銘柄がよいか検討したい。

★ポエトリー坊主のポエトリータイム
→ハゲましのお便り募集だ。ボウズなだけで、ハゲではない。

★食べ物の話をしよう
→おなか空いてくる話を期待。レシピも。

★西日本オススメスポット
今回は意識が東に向いてしまっている。秋田を旅したのだけど、西に意識が向くお便りよ!

★フリースタイルラップ
OKABARで見せた切れるラップを期待!

お便りはこちらまで

okabaradio@gmail.com

3月のことも書こう。

【予告】

第二期OKABARADIO 最終回!公開収録

雨林舎
店長、店員N、ポエトリーボーズ、
SPゲスト:キャミソール

3月23日(日)
19:00開場(雨林舎通常営業は閉店)
19:30開始


21:00ごろ終了
その後、雨林舎で交流会、打ち上げ(持ち込み歓迎で無礼講)

とんのことでんす。
[PR]
by okabar | 2014-02-21 17:12 | おしらせ

生ハムは持ってくるのが大変 小皿は盛り付けるのが大変

みなさま!寒いですね。だんだんと春の訪れとオカバーの閉店が近づいてきました。
毎週祭りのようになっていますが、店主はとくになにもやっていないつもりです。
ひとりじゃ何もできないからです。

さて。
ツイッターや店頭などでは告知していますが今夜2月20日のOKABARは、「ハンガリチバー×ハイミ食堂」です。

ハンガリチバーこと店員Cは最後のカウンターに立つためにはりきりすぎて、生ハムを取り寄せています。
ですが、あまりーに重くて、運搬にはタクシーを使うしかない!
ということで生ハムは「タクシー代カンパ受付制」にしようと思います。
①ついでに言うと、最近のオカバーは氷代カンパも受付中です。
②ついでにいうとラップした人一杯無料です。

e0137489_1040481.jpg

※画像はイメージです。

どうもよくわからないのですが(???)、もしかしたら現地でカットして提供するかもしれません。
いつものように、ハンガリーといいつつ、スペイン産かもしれないし、豚かといいつつ、コウノトリかもしれません。
どちらにせよ、みなさまを楽しませてくれるトークは健在です。


それからハイミ食堂こと裏店員Mは、かつて夜ふかし市でも共演しましたが、村屋という鞠小路通りにある飲み屋さんで木曜日のみのランチをやっておりました。
奇しくも、この春をもって、京都を去る、というのはオカバー店長と同様の境遇。

おつまみ小皿いろいろです。

小豆玄米お結び
豚と蕪と柚子
ポテトサラダ
丸大根とおあげさん
ぬかづけ
焼餅ゴルゴンゾーラ

裏店員Mのつくるおつまみは、とっても食感=触感のように手触りのある味です。

(来週は店員Sのおつまみ。まぁ、待っててね。)

お寒いですが、お待ちしてます。
[PR]
by okabar | 2014-02-20 10:59 | おしらせ

OLさいごの出勤の心境のような

さて、明日(2月13日)のOKABARは「OLナイト」です。

第二週目がOLナイトになって、さぁこれから2週目は珈琲が(24時間-20時間)飲めるぞーというときに、OKABAR閉店を決意してしまったので、ときどきいたたまれない気持ちになってしまいます。

それにしても「OLナイト」なんて魅力的でコスプレ的な響きなのでしょうか。

e0137489_23241696.jpg


これまで3回ありましたね。



そもそも店員Oはmocomococafeという場所で、(たしかクリスマスパーティーでしたっけ)で知り合いになったと記憶しております。
(この場所もおもしろかったナー。もともとはゲルを使った移動式カフェだったのが、つながりをもとに広がって、落ち着いた先、御所南で店舗となった、「移住→定住」の見本とも呼べる存在!実にさまざまな人がかかわりながらも残念ながら閉店してしまった。)

Oはモコモコでお酒を楽しそうに飲んでいたので、後日オカバーに何度か来てもらったときに店員T去りし後の月一店員に誘ったのでした。実はピアノの先生という隠された能力を持つ店員O。残念ながら一階に置いてあるグランドピアノは彼女の指を味わえませんでしたが、テンションが上がる鍵は、盤だけではありません。
琴線はある夜、相方のlufnifとで会うことによって触れられました。Lは彗星のごとく表れ、Oと意気投合。そのまま2週目後半問題(22時以降珈琲が飲めなくなるという問題)の救い手となりました。

とあるバー店主は言いました。

「店長とOのペアリングはベターだった。でもベストは店長とOLのコンビなんだよ。」

というわけで、3人体制のカウンターが実現しましたが、それも今回4回目がラストになります。
OもLもそれぞれ個性ある才能をお持ちなんですが、オカバーでコーヒーを淹れるという小さなよろこびを元に第二週を共にすごしてくれたことをうれしく思う。

そして、オカバーで、珈琲とお菓子って、カフェやん。なんだかありえないようでありえてしまうのが、すごい。
珈琲をめあてに飲みにきてくれるソフトドリンカーのお客さまも、ありがとうございます。

そしてそして、バレンタイン企画
2月13日は聖バレンタインデーということで、日本ではチョコレイトの贈与がかなりの市民権を得ています。
(ほぼ)毎年オカバーではバレンタインの前後に店長と店員にチョコレートを持参の方は一杯無料というチョコくれ根性丸出しなイベントをやってましたが、去年は恥ずかしくてやりませんでした(というか店長がお菓子作っていたね今年は閉店間際なんでやりまっせ。

店員もしくは店長にチョコレート持参の方一杯無料!

そうそう肝心なことを書いてなかった。
珈琲のことです。

 IWASHI coffee ブラジル (20時から22時ごろまで)
 miepump グアテマラ 中煎り
          マンデリン 深煎り
(21時半から24時まで)

そしてそれぞれのおやつです。

e0137489_0142697.jpg


O→チョコタルト(とある喫茶店の空想レシピ)

L→抹茶のボンボン・ショコラ(ふぞろいの愛の形)


珈琲を注文してくださった方におつけします。

さらに店員Lは自家製伊予柑ジャムを使った

伊予柑茶

なるものをメニューにのせるよ。

すっごい全力投球です。多彩なのでブログもフルになりました。

「一杯無料」のドリンクは珈琲でもOKです。
ぜひ、飲み比べてみてね。
[PR]
by okabar | 2014-02-13 00:25 | おしらせ

店員Nの出番はもう少しだけ(2月6日)

6年目に新体制となってから、比較的空いていてのんびりできると評判の一週目のOKABAR。
しかし、この日は違いました。
e0137489_16562967.jpg

店員Nの振りまく笑顔が見たいからか、ラジオの声をぜひ生で聴きたいのか、Nの髪型の変化にあわせてサイクルが変化したのか、はたまためぐりあわせか。

天候がとっても寒いにもかかわらず、たくさんの人があふれる店内を見て、うれしい悲鳴を上げた店長は、ため息をつくヒマもありません。窓の外は、雨でも雪でもありません。

店員N最後のセレクションは「醴泉」(岐阜)

e0137489_1154742.jpg


同じく入荷の「常きげん 純米むろか生原酒」(長野)が派手でこゆい味だったのに対して、上品な旨味とキレのよさという、日本酒入門にも最適な味で、ぜひいろんな人に飲んでもらいたい。

そして写真には写っていませんが、「八岐の梅酒」平和酒造(和歌山)濃醇というか、どっしりしてるというか、とにかくインパクトのある味わいで、「梅酒!?はん?」という方でもいけるんじゃないかと。

どちらも今週(2月13日)のめまっせ。

セレクトは熟考に熟考を重ねて選んだようで、最後のカウンターを”おもいくそ”味いたいのが伝わってきました。ありがとーね。

e0137489_11272519.jpg


おなじみtravelingswallowさんのゆずスコーン(ゲリラ無料メニュー)が終わったとき、チョークをさばくのにも、感情をこめて。

そして、店員NのOKABARでの活躍はまだもう少し続きます。

2月22日(土)はOKABARADIOの収録日です。

お便りはこちらまで

okabaradio@gmail.com

前回のラジオはコチラ


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今後の営業予定と店員

1月

16日 常連N(おつまみと粕汁) 店員C(フランス土産)
23日 店員S(居酒屋的空間)
25日 OKABARADIO収録日
30日 5週目のオンナ(古書ダンデライオンの古本市)

2月
6日  店員N(ふつうがすてき)

13日 店員O 店員L (OLナイト・バレンタイン企画)
20日 店員C (フランスかぶれナイト)まさかの裏店員M!
22日 OKABARADIO収録日(確定暫定)
27日 店員S(居酒屋的空間)

3月
6日「さよならBAR」

[PR]
by okabar | 2014-02-12 11:43 | ばーのようす

ようやくアップできました OKABARADIO(第二期)10回目ぇぇぇぇん

【ラジオファンの皆様へ】
ほんとうにアップが遅くなり遅くなりました。
ここ数日、仕事が忙しかったり、寝込んだりしてましたが、ラジオを聴いたら元気が出てきます。



提供:OKABAR/KARAIMO BOOKS/週末出版/オオタ編集室
最初にラジオをはじめたときの情熱を少し思い出した。
のこり第二期は"Back To Basic"
をテーマにお届けします。

今回はスポンサーのKARAIMO BOOKSの店主より、店員Tの思い出を送っていただけました。
すごくよかった。
店長も、よく彼について言うのですが、店員T店員T言い過ぎて、正直うっとうしいかもわかりまへん。
愛していたんですよ。しつこくて、かんにんな。

そして、ラジオはやめません!第二期はまもなく終了しますが、終了までかけぬけるぞー。
最近は店員Nとポエトリーボーズのトークの歯切れよさへの評判がよく、店長の立場アヤウシ!です。
ぜひ、二人へのメッセージもおくってね。

そして、肝心の次回収録が決まりました。
2月22日(土)です。
収録まで2週間ありませんが、反応してくれると、とてもうれしいのです。

その後、OKABAR閉店後になってしまいますが、3月23日(日)二条駅近くのカフェで公開収録をします。

お楽しみに。

★各コーナー紹介★

※曲のリクエストも募集しています。ほぼすべての曲をかけたいのですが、時間の関係でボツになる場合があります。そして、最近「リクエスト書いてっ。」とBARのカウンターから提案し、その場で書いてもらうのですが、曲名とアーティストだけでなく、ぜひコメント・おたより・たわごと・メッセージ・コーナーへの投稿・愛の告白も添えてください。ない場合は曲がかからなくなる確率があがります。

★ガラスの喫煙室
OKABAR内に存在する喫煙室と映画からのインスピレーションで始まった新コーナー。
スモークすることについて語ります。

★ポエトリー坊主のポエトリータイム
詩のなかの”怒り”をテーマにトーク。
金時鐘(キム・シジョン)さんの詩を読みます。
うたひとつ/『猪飼野詩』より

★食べ物の話をしよう
おたよりをもとに、土鍋ゴハン、調理実習、ポテトサラダについて語ります。

★西日本オススメスポット
天津神社/厳島神社など神社の話から広がっていって、それぞれの正月の話になりました。

★フリースタイルラップ
MF DOOM "Doomsday"より


お便りはこちらまで

okabaradio@gmail.com
[PR]
by okabar | 2014-02-09 19:05 | らじお

さいごのファーストウィーク

なかなかラジオのUPができず、ポエトリーボーズさんと店員Nさん、それからラジオリスナーのみなさんには申し訳!がたちません。

店主のメンタリティが少し折れそうなんですが、それはやっぱり閉店にむけてさみしいからなんでしょうか。
そう、今月でオカバーはそれぞれの店員たちがカウンターに立つラスト月間になります。

今夜は店員N。
OKABARADIOのリスナーの方には、ラジオの声の存在感で有名(?)かもしれませんが、マイクを酒瓶に持ち替えたカウンターでも、テキパキと動き、店長は安心してラップできます。

思えば、去年の4月から第二期OKABARADIOを始めようとしていた折に、オカバーにふらっとお客さんとして現れて、「わたし、ラジオやる!」
と高らかに宣言したときの誇らしげな顔は忘れられません。彼女のおかげでOKABARADIOを始めることができたのです。
このブログのアイコン(おそらく右側に存在しているだろう)として、声が印象的なラジオのDJとして、第一週目の店員として、活躍してくれました。
特に店員では、他の店員がそれぞれの色やポテンシャルを出していくなか、あえて力を抜き特に何もやらず、オカバーのサポートに徹してくれたのは、感謝。
何度か伝えてるかもしれませんが、何もやらなくても、色はにじみでてくるもので、その滲みを見てるのが好きな店長なのでした。


e0137489_1234248.jpg

(左から高橋マキさん、店長、店員N)

こんな笑顔が見られるのも、今夜が最後かもしれません。ああ、さびしいなー。
新しい日本酒と梅酒も入ってます。

※このように店員の思い出を語るブログシリーズになってしまうのは、なんとなく嫌味かもしれませんが、お付き合いください。
[PR]
by okabar | 2014-02-06 12:39 | おしらせ

さみしいからさよならは言わずに(1月30日)

OKABAR閉店までで5週目があるのは1月がラストです。

ということは”5週目のオンナ”ことopantocがカウンターに立つのも最後。

かつての盟友で、仲良しのダンデライオンくんを助っ人にカウンターに立ってくれました。
OKABAR文庫に負けじと(こっそり)古本市の開催とウイスキーとワインと日本酒などのセレクト。
e0137489_0523069.jpg

不老泉は純米吟醸のむろか生原酒でした。

それからopantocのおつまみと自家製果実酒。
右上の可愛いキャラは、名前は忘れてしまった...。
e0137489_0545979.jpg


彼女は本当に多才で多忙で、人をつなげるのが大好き。いろいろ「この人はねー、○○をしていてね。」とか紹介してくれました。
アクセサリーも作っていますし、料理もすごーくおいしかったですよ。けんそんすんなよ。
そして接客業に従事しておる(prinz)からか、ダンデライオン(元祇園の黒服)と共にふたりともテキパキした動きで、店長はさまようたましいのごとくまごまごしていました。

e0137489_173162.jpg

相談に乗っているような…。

ありがとう。5週目だけ、年に5回ほどの、数えられるけど、数えきれない「好き」ということばが似合う夜。
きっと、普段は気に留めてないけど大事なことを忘れないために5週目があるんだなと思いました。
あいちゃんの「おかー」という声が忘れられないその夜は、そのまま京大の飲み屋で朝まで過ごしました...。

e0137489_1232780.jpg



おつかれさまでした。

※彼女ともうひとりと3人で「京都本」を企画中です。OKABAR閉店後に発行となりますが、お楽しみに。
[PR]
by okabar | 2014-02-05 01:30 | ばーのようす